ニューハーフ風俗店で働いてみよう

ニューハーフ風俗店で働いてみよう

MENU

ワンランク上のニューハーフになる

どうせニューハーフ風俗店で働くなら何か目標を持って頑張りましょう、できれば自分がワンランク上のニューハーフとして成長することができるようなことが良いですね。

 

もちろん、ニューハーフ風俗店でお仕事をするときの雰囲気や女装している自分を男性客たちに見られるのが楽しいから、今のままでも全然構わないという人はそれでOKですが、お店で働いてガンガン稼げるようになると欲が出てくるのが人間というものです、お金に余裕が出てくると自分磨きをしたくなるのは普通の女の子もニューハーフの男の娘も同じですよね。

 

そこでオシャレに関心があるニューハーフの男の娘ならやってみたくなるのが「プチ整形」です、もともとニューハーフの男の娘には、今の自分から他の自分に変わってみたいという「変身願望」を持っている人が多いので、手軽に自分の見た目を変えて楽しむことができちゃうプチ整形は、とくに新人ニューハーフ風俗嬢におすすめなんです。

 

ところで、プチ整形と普通の美容整形の違いってご存知ですか?どちらも美容整形の病院で受けるという点では同じですけど、一番大きな違いは自分の体に傷跡が残るか残らないかの違いなんじゃないでしょうか。

 

たとえば美容整形の代表として、腫れぼったい一重まぶたをくっきりした二重まぶたにする美容整形では、まぶたの皮膚を切り取り二重まぶたのラインを作ることになりますが、最近若い女の子たちの間でも人気のプチ整形では、まぶたの皮膚をピンポイントで縫い合わせる方法で二重まぶたを作る「埋没法」と言う方法で作ります。

 

このプチ整形では自分のまぶたにメスを入れることはしないので、顔の中でも目立つ目の周りに傷跡が残らずプチ整形をしたことがバレにくいという特徴があります、同時に、もしも万が一、プチ整形で作った二重まぶたが気に入らなかったとしても、ただまぶたの皮膚を特殊な糸で縫い止めているだけなので、すぐに元の状態に戻すことができるというわけなんですね。

 

また、ニューハーフの男の娘が風俗のお仕事をする目的の一つに、「いつか性転換手術を受けて本当の女性の体を手に入れたい」、と言うことがあるでしょう、日本国内では規制があって、男性の体を女性に変身させる性転換手術を受けることは難しいのですが、フィリピンやアメリカなど外国の一部の医療機関では性転換手術を受けて、助成らしい外見と昨日を手に入れることは可能です。

 

ただし、外国で性転換手術を受ける場合には高額な手術費用を請求されるので、誰でも簡単に女性の体になれるというわけではありません、ニューハーフ風俗店で働いている男の娘の中には、いつか性転換手術を受けるときのために頑張って貯金している人が多いんです、これもニューハーフ風俗嬢としてワンランク上のボディをゲットするための大切な準備なんですね。

一人暮らしは風俗デビューのチャンス

これから春になると、学校を卒業したり就職するために、地方から一人暮らしをするために上京したり、親元から自立するために引っ越しをする人が増える季節になりますが、ところでこの時期は、ニューハーフ風俗店に新規入店する男の娘が増える時期でもあるということをご存知ですか?

 

新しい環境で一人暮らしを始めることをきっかけに、それまで自分がニューハーフ風俗嬢として働きたいと思っていた夢を叶えるチャンスがやって来るんです。

 

ニューハーフ風俗店で働いていることを内緒にしておきたい男の娘にとっては、家族と一緒に生活しているよりも一人で暮らしている環境のほうが働きやすいのは事実です、自分がニューハーフだということを家族に知られて余計な心配をかけるのは困りますからね。

 

それに風俗専門の求人情報誌などを自分の部屋においていている人は、うっかり出しっぱなしにしておいたおかげで自分がニューハーフ風俗店で働こうとしていることを知られてしまう危険があります、いくら自分がニューハーフのファションや生き方に興味を持っていたとしても、できれば家族だけに走られたくないと思うのは当然です。

 

もちろん、自分がニューハーフになりたいという願望を、家族や周りの人たちにカミング・アウトしている人ならそんな心配をする必要はありませんけど、現実にはあまり自分の家族に自分がニューハーフ願望がある男の娘だと言える人は少ないですよね。

 

家族と一緒に生活していながらニューハーフ風俗店で働こうと思ったら、普段は男性としての生活を送りながら、お店に出勤してから今度はニューハーフとしてメイクやファッションをやらなければいけないので大変です、それに自宅にお店で着ている衣装やコスチュームなどを持って帰って洗濯することもできないので、いちいちクリーニングに出さなければいけないので、そのための費用だってバカにはなりません。

 

やっぱりニューハーフ風俗嬢として本気で働こうと思うのなら、自分一人で生活して頑張るのが一番です、そのためには一人暮らしを始めることが一番よい選択なんじゃないでしょうか。

 

ただし、自分が賃貸契約を結ぶ不動産仲介業者に行って、いきなりニューハーフ風俗店で働いていることを言ってしまうのは止めておきましょう、ほとんどの不動産仲介業者は風俗のお店で働いている人に部屋を貸すのを嫌がるからです。

 

それにマンションやアパートなどを借りるときに親や知り合いに保証人になってもらうことを考えれば、ニューハーフ風俗店で働いているという事実は隠しておいて、賃貸契約を結んだほうが安心ですよ。